術後~その3~偽妊娠?!

今日は、先住犬プーラのハウスから出てきません。
プーラハウスを乗っ取りました(´・_・`)

もちろん、大好きなぬいぐるみと共に・・・
子供を取られまいと、しっかりと守っています。

コレって、偽妊娠・偽出産?!
お腹で温めたり、タオルに隠して埋めたり、移動する時は必ず咥えて運んでいます・・・(^_^;)

早く元気になぁ~れ( T_T)\(^-^ )IMG_7497

IMG_7496

IMG_7498

模様替え

引越し後、どうしてもトイレが定まらず、本やネットで色々調べてみると、人間がして欲しい場所と犬がしたい場所は違うと・・・
人間の都合の良い場所にして欲しくて覚えさせようとするから無理なんだと!
ハッ!としました。
今度は、ひかりがどこで一番おしっこをするか、したいかを見ることにしました。
気づかずごめんね~

そして、しばらく観察した結果、
以前のトイレの場所と真逆でしたいことが判明しました(^_^;)

よし!またやり直しだー!
今度こそ、今度こそ、今度こそ、覚えてくれるかなぁ(>_<) IMG_7441

IMG_7443

Oh,my Gad!!!!!!

今日は夜に用事があって、
夕ご飯をあげてから出掛けたけど、
ちょっと帰りが遅くなってしまい、
きっとあの子達は怒っているだろうなぁ~と
心配していたけど・・・
申し訳ないとは思ったけど・・・

IMG_7163

ひかりちゃん・・・
そりゃないよ・・・(>_<) そこまで怒ることなくない? ねぇ、ひかりちゃん・・・ IMG_7159

サークルの外までう〇ちが飛んでますけど・・・
帰ってしばらく、呆然と、固まりました。笑

ひかり~~!どうしちゃったの?

先日、「ひかり~!」と呼んでサークルの扉を開けると
いつものようにひかりは私の膝の上に飛び乗ってきました。

その瞬間、「キャン!」と、
かなり大きな声で悲鳴をあげたのです。
そしてすぐさまサークルに逆戻り。

「エッ!どうしたの?ひかり!」
「どこか痛かったの?」

心配になった私はひかりを抱きよせていろいろと調べたのですけど
どこも痛そうな様子はなく、
ただ、かなりいじけてしまって私を避けるようになり
それからサークルからも出てきません…

しかたがないのでしばらく放っておいてあげて
様子を見てました。

呼吸が乱れていることもなく、
食欲もあり。
どこか痛がっている感じもなく
ただただ、いじけてるんです。

どうしちゃったの?
ひかり~。。。

普段なら
尻尾をピンと立てて
ぐるぐる回って
やんちゃしているひかりが
急におとなしくなっちゃってすごく心配だったのですが
とりあえず一晩様子を見てそれでもこの状態が続くようなら
病院に連れて行こう!
と考えていました。

翌朝もしっかりご飯は食べますし
下痢をしているわけでもなく嘔吐することもありません。
ただ私に怯えている感じで元気がありません。
私が呼びかけると尻尾が下がってしまいます、
相当重症です。

いろいろネットで調べてみたのですが、
考えられる可能性としては
飛び乗って来る時に足をひねったか?
静電気でビリッとなってビックリしたか?
舌を噛んだか?
などなど…

いずれにしてもひかりの場合
目が見えないので
私に近づいた時に激しい痛みを感じた事で
私に対して恐怖感を抱いたようなんです。

「この人に近づくと痛い事される~!」みたいな…

ひかりに聞いたわけではないので
確かではないのですけど…
私を避ける素振りから察すると
私に痛いことをされたと思っているようにしか見えません。

このままひかりに避けられるのは
とっても悲しいことではありますが、
それならそれで今はしょうがない、
でも、もし体に何か健康上の異変があった場合
取り返しがつかないと思い、
やっぱり病院に連れて行きました。

血液検査などしていろいろ診てもらったのですが
結果は目が見えない以外は異常なし!

この結果により私が避けられていることが決定しました!
残念~~~!

このいじけた状態がいつまで続くのか?
ずっとこのままだったどうしよう…
という思いが頭を巡ります。

ひかりがバタバタ走り回らないので
急に静かになってしまった家
よけい寂しさを煽ります。

私がいじけます…

病院から戻って
ひかりをサークルに戻し
ゴハンの準備をしていると
ひかりがいつものようにぐるぐる回り始めました!

「あれっ!もしかしてご機嫌戻った!?ひかり!」

「ひかり~!」と呼ぶと尻尾が下がりません!

病院の検査の方が相当嫌だったからなのか?
真意はわかりませんが
突然、いつものひかりに戻ったのです!

何だったのでしょう?

原因が静電気だったとしたら
これからの季節特に気を付けなくてはいけないです…

同じような経験をされた方いらっしゃいますか?

お引越し完了
Problem solved!!!

プーラとひかりのお部屋を交代してみる事にしました!
どうしてもトイレを覚えられなくって・・・(-_-;)
IMG_2446
プーラのお部屋の方が狭かったので、トイレシーツを全面に敷きつめる事もできるので。
IMG_2462
よし!一からやり直しだ!
場所を覚えるのに、また少し時間がかかってしまうけど・・・
ひかり!一緒にガンバろうね~ヽ(^o^)丿

I decided to exchange their room because Hikari could never learn her toilet. In addition I could cover toilet sheets all of its floor because Pura’s room was smaller than Hikari’s room.
Let’s do it again! though it’s hard to remember the own toilet.

IMG_6496

IMG_6590

こんなことは日常茶飯事です・・・。
This is a daily occurrence.

本日の被害者はティッシュペーパー!
Today’s victim is tissue paper.
IMG_3274[1]
このようなことは何とか避けなくてはならないのです!
But we have to avoid such happenings like this.
IMG_3273[1]
もちろん彼女をいつも監視しているのです!
だけど…
Of course we are observing her any time but always she did it.
IMG_3275[1]

おもちゃ選び
Playing with toys

プーラは何を与えても全然遊んでくれないのですが
ひかりは何でも夢中になって遊んでくれます!

なのでひかりが遊べるものをいろいろと買うのですが
モノによってはかじりまくってすぐに破壊してしまいます…

Pura doesn’t play with toys at all if I give it but Hikari always play it avidly.
So we have given her different kind of toys which she can play but some toys are broken because she’s crunching it

これも↓↓↓目が見えなくてもちゃんと追いかけて遊んでました! 
She loves playing and chasing this ball ↓↓↓ even if she can’t see anything.
IMG_1557
ですが…
噛みちぎってしまいました。
破片を飲みこんでしまうと危険なので没収!

But…
She bit it off.
I thought it’s dangerous if she will swallow the broken pieces.
So I took it away from her.
IMG_1959 - コピー

そしてこの黄色いブタ
噛むとブーブーと鳴るので気に入ったようで
一生懸命噛んでブタを好きなだけいたぶってました。

Next is this “yellow pig”
It looks like she’s enjoying this toy too because It creates a “boo boo” sound whenever she bites it.
And it seemed like she’s having pleasure while torturing this poor yellow pig
IMG_1807 - コピー
ですが…
ブーブーと鳴る笛が付いている部分を食いちぎり
足や耳さえも食いちぎってしまいました。
これも没収!

But…
She even bit the ear and foot of this pig, this is the part wherein the whistle located which produce the sound.
So I took it away from her too.

この頃はまだちゃんと立つことができたブタさん…↓↓↓


IMG_1264

これは夜寝る時に退屈にならないように
おやつを中に入れて与えていたのですが…
さんざん噛みまくり引きちぎって穴をあけてしまい
使い物にならなくなりました。

I gave this to avoid her stomach from be in too empty during night time.
The purpose of this toy is to store some snacks or food for her, just in case she gets hungry in the middle of the night.
But then she bit it too which result this toy into many holes and it’s useless now.
I can no longer use this toy to her.
IMG_2408
片方はプーラに買ってあげたものなのですが、
ある日プーラの小屋に入って行き
プーラの物にも噛みついて食いちぎってしまいました。

Actually I bought another toy, the green one for Pura
But one day she entered Pura’s house and she mercilessly bite Pura’s toy too.

ひかり!
とても元気です。

Hikari is very fine!

矢印の物以外はひかりが噛みついてスクラップにしちゃいました!

In the picture, most of her toys were not in good condition and became scrap except to the one toy on the lower left, the one with an arrow.
IMG_2407

今のところさんざん噛んでも壊れていないのが
ペットステージ クランチコア・ボーンです。
噛むとコリコリ・ボリボリって音がするのでちょこちょこ遊んでます。

This toy “Petstages” is still OK even if bitten by her.
She is enjoying because it create “bori bori cori cori” sound when she bite it.

トイプーのひかりはミディアムでなんとか大丈夫な感じです。
犬種や大きさによっていろいろ種類があるみたいです。

盲目の犬と救われた犬(3)
Blind dog and Rescued dog(3)

先日8月1日にカナダで有名になった盲目セラピー犬スマイリーが「志村動物園」で紹介されていました。

This is a blind therapy dog named Smiley that became famous was introduced the other day in “Shimura Zoo” in Canada on August 1.
スマイリー3

番組内でハイジは、

「この子からこんな感情が伝わってくる、食べることが怖い、
餌の匂いが伝わってきたわ、でもその匂いと共に他の犬たちの怒り狂った声と
同時に肩や耳を噛みつかれたような激しい痛みが…

おそらく目が見えないから
他の犬のえさを食べてしまったのかもしれません。

お腹が空く度に他の犬に噛まれて、
やがて、食べることそのものが怖くなってしまった。」

In the TV program.

Haiji said.

“He showed his emotion when he’s scared of eating, the smell of his foods, getting angry with other dogs, barking with his mad voice and showing acute pain like he was bitten on the shoulder by another dog.”
Probably he ate another dog’s foods because he can’t see anything.
With that situation, he was bitten by another dogs, thus it cause a big trauma on his part.
And that’s the main reason why he’s afraid to eat.

確かにスマイリーは餌皿の音を聞いたり、
ごはんの匂いを嗅いだだけで怯えていたと飼い主は話しています。

スマイリーを引き取った、飼い主は
悪質なブリーダ―から犬を20匹ほど保護し、
里親になってくれる人を捜し引き取ってもらっていましたが、
盲目のスマイリーは引き取りてが見つからず、
現在の飼い主のジョアンさんが引き取りました。

Actually the keeper said.
He was frightened to hear the sound of food dishes and sniffed only the smell of foods.

Smiley’s keeper adopted about 20 dogs from bad breeder and she was looking for the new keeper for them but she haven’t found Smiley’s keeper yet.
In the end, Smiley’s current keeper is still Joan, the one who adopted him.

≪ひかりは幸いなことに良心的なブリーダーの所で生まれたのですが
眼球がなかったので流通ラインに乗ることがなく、
ブリーダーさんの所からドッグシェルターさんを経由して
ウチに来ました。
ひかり HIKARI

Fortunately, Hikari was raised by good breeder who has compassion for animals.
But she didn’t become his product because she didn’t have any eyeballs after that she arrived at our house from the breeder due to dog shelter.

IMG_1991

ハイジは
「スマイリーは昔、壁に体をくっつけて動こうとしなかったのではないか?」
と訊ねます。

飼い主のジョアン
「そお、部屋の隅から動こうとしなかったの。」

ハイジは
「理由はこうよ!怖くて怖くて。
どこかに隠れなきゃ!

しかも部屋の隅にいると壁に音のが反響して、
誰かが近づいてくる足音や物音がとっても聞こえやすくなるので
この子は目が見えないからそうするしかなかった。」

Haiji asked.
Why He’s attaching his body on the wall and not moving?

Joan answered.
“That’s right.”

Haiji said.
“This is the reason.
He really wanted to hide somewhere because of trauma.
Moreover he can listen easily some sounds and footsteps that someone is approaching because the sound resonant with the wall if he’s near the wall.
And he’s left with no choice because he couldn’t see anything”

To be contonued in our next number⇒No.4

盲目の犬と救われた犬(2)
Blind dog and Rescued dog(2)

先日8月1日にカナダで有名になった盲目セラピー犬スマイリーが「志村動物園」で紹介されていました。

This is a blind therapy dog named Smiley that became famous was introduced the other day in “Shimura Zoo” in Canada on August 1.
盲目の犬スマイリー

スマイリーと同じようにひかりも眼球がないので
ずっと穏やかに目を細め笑っているように見えます。

Hikari also looks always smiling like Smiley.
IMG_6256

ひかりの行動・トイレや無駄吠え等のしつけに関して日々悩んでますが、
スマイリーを知ってとても希望が持てました。

Because I’ve got troubles about Hikari’s action, toilet manners and unnecessary barking, still I could get a hope to know Smiley.

番組内では
動物の気持ちがわかるハイジがスマイリーに近づきます。
スマイリーにハイジが初めましてと挨拶をすると、
スマイリーの気持ちを読み取ったハイジは

「不思議ねこの子、初めて会う私に対して全く警戒しないわ」

ハイジは意識を集中しスマイリーの感情を探ります。

「この子本当に凄いわ
この子に意識を集中すると
色々な音が聞こえてくる。

違う部屋の時計の音
小さな虫の羽の音
遠くを走る車のエンジン音
人間の服の生地と生地がこすれあうかすかな音

スマイリーは他の犬たち以上に周りの状況を把握できている。」

In the TV program.
Haiji approached Smiley and say hello to him.
After that she’s wondering about Smiley’s reaction.

she said,
“I’m wondering why he’s not frightened to see me though It’s my first time to have encounter with him.”

Furthermore she concentrate to seek his emotion.

“He’ s really amazing!
I can listen to different kinds of sounds from him when I focus to his consciousness.”

“Different room’s sound of clock.
Hum of small insects.
Engine noise in the distance.
People made a fricative sound of fabrics.

Smiley can comprehend his circumstance around him than other dogs.”

≪ひかりはどの位周りの状況を把握しているのでしょう?
スマイリーと同じ全盲のひかり。
ひかりもスマイリーと同じように感じているのかな?

ちなみにひかりは私が近づこうとする小さな物音にはすぐに反応しています。
なので、誰が近寄って来るのかは理解してます。≫

≪I’m wondering why how many information Hikari can get around her?
She is also blind dog same with him.
I wonder if she can feel something same with him?

Incidentally, she can react quickly when I tried to approach her so she’s aware if someone is approaching her.≫

ハイジは続けて…

「でも、そんな音だけを頼りに
こんなに穏やかな気持ちいられるなんて、
どうしてかしら?
ちょっと待って!
今イメージが伝わってきた。

これは、かなり前の記憶かしら?
たくさんの犬の叫ぶ声が聞こえる、
それに冷たいコンクリートのような感覚
ものすごい悪臭…

ここはおそらくスマイリーが生まれた場所ね。 」

実は
スマイリーは現在の飼い主さんが悪質なブリーダーから保護した犬なのでした。
保護される前は、2年間も狭い檻の中で暮らしていたのです。

スマイリーは海外の犬ですが、
日本にも同じ状況はあります!

Haiji keeps on talking.

“Why does he keep that calm feeling?
Because he only depends on such sounds.

Just a moment!

Now, I got new information about him.

I wonder if this memory was long time ago?
I can hear the barking of many dogs and I can get that icy feeling like a concrete and a stench.

Probably that’s the place where he was born.”

Actually he was rescued by current keeper from bad breeder of dogs.
He was living in the small cage for 2 years before he rescued.

This incident happened in Canada.
But there is a same situation here in Japan.

いぬログ 悪質ペットブリーダーの問題点
。。o゚☆゚o。おにゃんぺい☆BLOG。o゚☆゚o。。 悪徳ブリーダー
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
NPO法人 地球生物会議 愛知県西尾市の劣悪ブリーダー事件

ウチのプーラがまさに悪質なブリーダーから保護された犬なのです。
しかもプーラは推定5年間
繁殖犬として劣悪な環境で子どもを産まされ続けてきました。

ウチに来た当時は小さなキャリーケースから出ることもできずに
不安げな表情でこちらの様子をうかがっていました。

きっととても怖い思いをしてきたのでしょう…

Our dog Pura was rescued dog from bad breeder too.
Moreover she was forced to give birth to puppy as breeding dog for about five years at bad environment.

When she came into our house, she couldn’t go outside from small carry case. And she’s looking s anxiously while waiting for us..

Probably she has many traumatic experience.
IMG_4923 - コピー

※1 Haiji is woman who can talk with animals.

To be contonued in our next number⇒No.3