盲目の犬と救われた犬(3)
Blind dog and Rescued dog(3)

先日8月1日にカナダで有名になった盲目セラピー犬スマイリーが「志村動物園」で紹介されていました。

This is a blind therapy dog named Smiley that became famous was introduced the other day in “Shimura Zoo” in Canada on August 1.
スマイリー3

番組内でハイジは、

「この子からこんな感情が伝わってくる、食べることが怖い、
餌の匂いが伝わってきたわ、でもその匂いと共に他の犬たちの怒り狂った声と
同時に肩や耳を噛みつかれたような激しい痛みが…

おそらく目が見えないから
他の犬のえさを食べてしまったのかもしれません。

お腹が空く度に他の犬に噛まれて、
やがて、食べることそのものが怖くなってしまった。」

In the TV program.

Haiji said.

“He showed his emotion when he’s scared of eating, the smell of his foods, getting angry with other dogs, barking with his mad voice and showing acute pain like he was bitten on the shoulder by another dog.”
Probably he ate another dog’s foods because he can’t see anything.
With that situation, he was bitten by another dogs, thus it cause a big trauma on his part.
And that’s the main reason why he’s afraid to eat.

確かにスマイリーは餌皿の音を聞いたり、
ごはんの匂いを嗅いだだけで怯えていたと飼い主は話しています。

スマイリーを引き取った、飼い主は
悪質なブリーダ―から犬を20匹ほど保護し、
里親になってくれる人を捜し引き取ってもらっていましたが、
盲目のスマイリーは引き取りてが見つからず、
現在の飼い主のジョアンさんが引き取りました。

Actually the keeper said.
He was frightened to hear the sound of food dishes and sniffed only the smell of foods.

Smiley’s keeper adopted about 20 dogs from bad breeder and she was looking for the new keeper for them but she haven’t found Smiley’s keeper yet.
In the end, Smiley’s current keeper is still Joan, the one who adopted him.

≪ひかりは幸いなことに良心的なブリーダーの所で生まれたのですが
眼球がなかったので流通ラインに乗ることがなく、
ブリーダーさんの所からドッグシェルターさんを経由して
ウチに来ました。
ひかり HIKARI

Fortunately, Hikari was raised by good breeder who has compassion for animals.
But she didn’t become his product because she didn’t have any eyeballs after that she arrived at our house from the breeder due to dog shelter.

IMG_1991

ハイジは
「スマイリーは昔、壁に体をくっつけて動こうとしなかったのではないか?」
と訊ねます。

飼い主のジョアン
「そお、部屋の隅から動こうとしなかったの。」

ハイジは
「理由はこうよ!怖くて怖くて。
どこかに隠れなきゃ!

しかも部屋の隅にいると壁に音のが反響して、
誰かが近づいてくる足音や物音がとっても聞こえやすくなるので
この子は目が見えないからそうするしかなかった。」

Haiji asked.
Why He’s attaching his body on the wall and not moving?

Joan answered.
“That’s right.”

Haiji said.
“This is the reason.
He really wanted to hide somewhere because of trauma.
Moreover he can listen easily some sounds and footsteps that someone is approaching because the sound resonant with the wall if he’s near the wall.
And he’s left with no choice because he couldn’t see anything”

To be contonued in our next number⇒No.4

盲目の犬と救われた犬(2)
Blind dog and Rescued dog(2)

先日8月1日にカナダで有名になった盲目セラピー犬スマイリーが「志村動物園」で紹介されていました。

This is a blind therapy dog named Smiley that became famous was introduced the other day in “Shimura Zoo” in Canada on August 1.
盲目の犬スマイリー

スマイリーと同じようにひかりも眼球がないので
ずっと穏やかに目を細め笑っているように見えます。

Hikari also looks always smiling like Smiley.
IMG_6256

ひかりの行動・トイレや無駄吠え等のしつけに関して日々悩んでますが、
スマイリーを知ってとても希望が持てました。

Because I’ve got troubles about Hikari’s action, toilet manners and unnecessary barking, still I could get a hope to know Smiley.

番組内では
動物の気持ちがわかるハイジがスマイリーに近づきます。
スマイリーにハイジが初めましてと挨拶をすると、
スマイリーの気持ちを読み取ったハイジは

「不思議ねこの子、初めて会う私に対して全く警戒しないわ」

ハイジは意識を集中しスマイリーの感情を探ります。

「この子本当に凄いわ
この子に意識を集中すると
色々な音が聞こえてくる。

違う部屋の時計の音
小さな虫の羽の音
遠くを走る車のエンジン音
人間の服の生地と生地がこすれあうかすかな音

スマイリーは他の犬たち以上に周りの状況を把握できている。」

In the TV program.
Haiji approached Smiley and say hello to him.
After that she’s wondering about Smiley’s reaction.

she said,
“I’m wondering why he’s not frightened to see me though It’s my first time to have encounter with him.”

Furthermore she concentrate to seek his emotion.

“He’ s really amazing!
I can listen to different kinds of sounds from him when I focus to his consciousness.”

“Different room’s sound of clock.
Hum of small insects.
Engine noise in the distance.
People made a fricative sound of fabrics.

Smiley can comprehend his circumstance around him than other dogs.”

≪ひかりはどの位周りの状況を把握しているのでしょう?
スマイリーと同じ全盲のひかり。
ひかりもスマイリーと同じように感じているのかな?

ちなみにひかりは私が近づこうとする小さな物音にはすぐに反応しています。
なので、誰が近寄って来るのかは理解してます。≫

≪I’m wondering why how many information Hikari can get around her?
She is also blind dog same with him.
I wonder if she can feel something same with him?

Incidentally, she can react quickly when I tried to approach her so she’s aware if someone is approaching her.≫

ハイジは続けて…

「でも、そんな音だけを頼りに
こんなに穏やかな気持ちいられるなんて、
どうしてかしら?
ちょっと待って!
今イメージが伝わってきた。

これは、かなり前の記憶かしら?
たくさんの犬の叫ぶ声が聞こえる、
それに冷たいコンクリートのような感覚
ものすごい悪臭…

ここはおそらくスマイリーが生まれた場所ね。 」

実は
スマイリーは現在の飼い主さんが悪質なブリーダーから保護した犬なのでした。
保護される前は、2年間も狭い檻の中で暮らしていたのです。

スマイリーは海外の犬ですが、
日本にも同じ状況はあります!

Haiji keeps on talking.

“Why does he keep that calm feeling?
Because he only depends on such sounds.

Just a moment!

Now, I got new information about him.

I wonder if this memory was long time ago?
I can hear the barking of many dogs and I can get that icy feeling like a concrete and a stench.

Probably that’s the place where he was born.”

Actually he was rescued by current keeper from bad breeder of dogs.
He was living in the small cage for 2 years before he rescued.

This incident happened in Canada.
But there is a same situation here in Japan.

いぬログ 悪質ペットブリーダーの問題点
。。o゚☆゚o。おにゃんぺい☆BLOG。o゚☆゚o。。 悪徳ブリーダー
NPO法人保健所の成犬・猫の譲渡を推進する会
NPO法人 地球生物会議 愛知県西尾市の劣悪ブリーダー事件

ウチのプーラがまさに悪質なブリーダーから保護された犬なのです。
しかもプーラは推定5年間
繁殖犬として劣悪な環境で子どもを産まされ続けてきました。

ウチに来た当時は小さなキャリーケースから出ることもできずに
不安げな表情でこちらの様子をうかがっていました。

きっととても怖い思いをしてきたのでしょう…

Our dog Pura was rescued dog from bad breeder too.
Moreover she was forced to give birth to puppy as breeding dog for about five years at bad environment.

When she came into our house, she couldn’t go outside from small carry case. And she’s looking s anxiously while waiting for us..

Probably she has many traumatic experience.
IMG_4923 - コピー

※1 Haiji is woman who can talk with animals.

To be contonued in our next number⇒No.3

ひかりとの出会い
Meeting with Hikari.

そしてブリーダーさんは目の見えないひかりを一生自分の所で育てようと考えていたところ、以前から付き合いのあった信頼できる犬の保護団体の方に、普通の家庭の中で家族の一員として受け入れてくれるところがあれば、ひかりはそこで生活する方が幸せなのではないか?と、ススメられたのをきっかけに、里親を探してみることになりました。

And then the breeder was thinking about keeping and raising Hikari as his own for the rest of her life however the staff at the pet organization once told the breeder that if someone wants to adopt Hikari as their own family well might she will be happy to be with them.
After that he tried to find her foster parent.

そんな時、ふとしたきっかけでひかりのことを知り、考えた末…
ウチに迎え入れることに決めました。

once I tried to look at the site of where you can adopt a pet and I saw the pictures of Hikari and I didn’t have to change my thoughts twice to have her as my own and be one of the members of the family.

ひかりはいつでもえがおです!
She has a smiling face all the time because…

障害を持って生まれてきた犬の多くは商品としての価値がない為、残念な事ですがペットショップに並ぶことはありません…

Unfortunately, most dogs with defect since birth have little chance to be lined-up for sale and what’s more have no value for pet shop owners.
It’s a pityful and sad reality for these dogs.

全盲という障害を持って生まれてきたひかりも例外ではなかったのですが、幸運なことに優良なブリーダーのもとで生まれたひかりは、ブリーダーさんの意向によって最悪の事態を逃れることができました。

Hikari is one of those dogs that has defect since birth.
She is blind.
She has no eyeballs.
And the likes of her are usually put to sleep.
But…
Fortunately, she was born to a good breeder who has compassion for animals.
This has helped her avoid the worst situation.
Hikari-smile
ひかりは眼球がないのでずっと目を細めて笑っているように見えます(^^)

She doesn’t have eyeballs that made her eyes looked like an arc which makes her look like always smiling.