無駄吠え防止対策 その 4 天罰法
Preventive Measure for Unnecessary Barking Part 4 “Heaven’s judgment”

そこで!
まず最初にウチでおこなった対処法は

Got an idea!
First I did the preventive measure which is…

これ~~っ!↓↓↓ This! ↓↓↓

ひかりが吠えた瞬間にパシッ!っと
手やウチワ等音の出るモノを叩き大きな音を立てます。
するとひかりはびっくりして一瞬吠えるのを止めます。
これは犬のしつけ法として知られている天罰方式の一種です。
天罰なので飼い主さんがやっていると気づかれずに、ワンちゃんがダメな事をした時に嫌な罰を与えます。
これを繰り返すと
自分が吠えた時に嫌な音が聞こえるので自然に無駄吠えの回数が減るとのことです。

I usually make noise everytime hikari barks, to make her stop barking.
Surprisingly, Hikari stops barking if I did that.
it’s a way of training dogs and this is one of the way of “Heaven’s judgement”.
The keeper secretly gives dogs some punishments when they have wrong attitude.
If the keeper tries to do the same thing all over again to their dogs.
Unnecessary barking will gradually decrease because the dogs gets annoyed with the sound when they try to bark.
I got this information from the internet.

天罰方式のメリットはワンちゃんが自主的にいたずらや無駄吠えは止めようという意識を持つようになる事と
ワンちゃんは飼い主さん自身に嫌な事をされていると思わないので信頼関係を保ちながら効果的なしつけができる事です。
逆に飼い主さんが嫌な事をやっているのがバレてしまうとワンちゃんは飼い主さんに対して不信感を持ってしまうので
気づかれないようにする事が重要です。

The strong point of Heaven’s judgement is to have an proactively awareness about unnecessary barking and to stop mischief.
In addition,
The keeper can train them effectively to keep trustful relationship because dogs don’t notice the keeper when he gives punishment.
Conversely, it’s important that the dogs must not know that the keeper is giving them punishment because the dogs will distrust the keeper.

でも…
なんだか腑に落ちない点があります。

But…
There are some points which concern me.




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です